3畳一間からこんにちは

4畳半(業者に聞いたら3畳ではなかった!)在住、性格はどちらかと言えば悪い方、30代女性。のブログ

カウンターでのキモイ話

今日は出先でランチ。 一人なのでカウンターへ着席。料理をゆっくり堪能していたところ、 隣の席へ男性が着席。いやいや、「お好きなお席へどうぞ」って店員さん言ってたよな?なぜおまえは両隣に客がいるカウンター席を選ぶのか?テーブル席たくさんあいて…

仕事をもたない友達と話が合わなくなって

いままで同じような境遇で、お互いの話をしてきた友人。 同じ大学を出て、同じレベルの会社に勤め、かつては一緒にコンパに繰り出した友人。 そんな友人と一緒にごはんに出かけても、話題がなくなりつつある。 今や友人は家庭を築き、いわゆる主婦になってし…

最近はじめたおしりのケア

20代のころに全身脱毛を済ませた私。おしりの穴まわり、いわゆるOの部分も脱毛済みである。 そのころの脱毛の刺激か火傷が原因で尻穴まわりの色素沈着がひどいのが気になっていた。 気になってはいたのだが、放置し続けてしまい今に至る。 先日、ドラッグス…

食事にいった男性のコネ狙いで連絡をとっていたら

以前、食事に行った男性。 ちょっと話が合わないので何かと気を遣って疲れた。 もうそれだけで彼と恋愛関係に進展する事はないと決まっていた。 しかし、彼のもつステータス的なものはとても魅力的だった。 ということで「うまくいけば他の男性につながるか…

ひさびさに男性と食事してきたけど

だめだったわ。 ほんとに些細なことで、これはないって思ってしまう。 私はこんなに心が狭かったのだろうか?それとも歳のせいなのだろうか。 今日は和食のお店に行ったのだが、 食べながら話す彼にドン引きしてしまった。 歯に、歯にひじきがたくさん付いて…

歩き方を変えて気づいたこと

その昔、私はなよなよとした歩き方をしていた。 具体的にどんな様子だったかというと、足の裏にまったく力を入れずに歩いてみるとお分かりいただけるかもしれない。 足を前に運ぶときに足首から下が重力と遠心力に素直に従って、ブランブランと足が安定しな…

春は引越しの季節

そして私はというと、 いまだに引越しを決意できずにいる。 今の部屋には不満でいっぱいなはずなのに・・・ いや、不満でいっぱいだからこそ理想が高くなりすぎたようだ。 私の理想の部屋に住むには、それなりの家賃がかかる。 そのことに躊躇してしまう。 …

検便は嫌いだ。2日分採取するのはもっと嫌いだ。

健康診断で大腸がんの検査があったのだが、このために検便を提出することとなった。 検便は2日分必要で、どれだけ便通のいい人でも1日は便を手元に保管しなければならない。なんたる苦痛。 自分の大便のそばで寝食を行うなんて。 私の今回の検便はストレスが…

おごる側とおごられる側の意識の違い

先日、世話になっている友人にランチをご馳走することにした。 ランチにしては値がはるが一人2,000円弱だ。 ということは友人と私の二人分で4,000円弱の出費となる。 そこでこの出費に対しての考え方が、「この友人のために4,000円使ったとなっているのに気…

YOUTUBEで学生時代に好きだった曲を聞いてみたら

学生時代、アルバイト先には憧れのキラキラ女子がいた。 同性からみてもキラキラしていて、人生すべてうまくいっていそうな雰囲気が漂っていた。 実際に彼女はお金持ちであり、イケメンの彼氏がおり、容姿もずば抜けて美人ではないが上の下くらいには位置し…

旦那が汚したトイレを掃除してるときに「何してんだろ、私」って思う

「旦那が汚したトイレを掃除してるときに「何してんだろ、私」って思う」 もう10年くらい前に、年上の既婚女性から聞いた言葉。 結婚に不安を抱いていた私に、結婚の現実を突きつけた言葉。 結婚って実際にそんな関係になるってことなのだ。 私にはちょっと…

クリスマスに3連休で世間はめでたい雰囲気だが、私は家にこもってネットでもするとしよう

3連休でまずまずの暇さ加減なので、ブログでも書いてみる。 というのも、クリスマスは恋人達の日とされているせいで、 私のようなフリーは外に出てくるなと言われているような気がするから、 ご希望通り外に出ないでいてやるよということでパソコンに向かっ…

トイレの洗面所が込み合ってるからって、それはない。

昼休みのトイレは、化粧を直す者、歯磨きする者、ただトイレに用を足しに来た者などで込み合っている。 しかし、これはないと思うのは私だけだろうか。 彼女は個室から出たあと、手を洗わずに出て行ってしまった。 3つある洗面所がすべてふさがっていたため…

名前まではっきり覚えていて夢にしてはやたらリアルで気持ち悪い夢を見た

私はなぜか元カレとよりを戻し、数ヵ月後に結婚する予定。。。 といういささか信じがたいシチュエーション。 そして元カレと私の間には既に子どもが一人いて、名前は怜。まだ1歳になったばかりの男の子だ。 その日は、婚約者でもある元カレと怜と、なぜかも…

お茶がらの匂いはオムツの匂いなのか

会社で給湯室まわりの仕事を当番制でまわしているという方も少なくないだろう。 私の勤め先もそうだ。 デスクの近くにポットを置き、使用済みのお茶がらを入れる入れ物があり、各自もってきたマグカップなどを棚にしまっている。 なんてことない普通の光景だ…

ブラの肩紐が伸びたので買い換えようと思ったが

ブラの肩紐が伸びきったので、これはもう買い換えるしかないとショッピングセンターにある下着ショップへ出かけた。 なんとなく自分に合いそうなものを物色し、試着をする段階まで来て、ブラの肩紐の長さの調節が必要だと気付く。 調節しないと自分の胸に合…

自分の声がどんな声か知ったとき

私は今まで自分の声、といっても客観的な自分の声を聞く機会がなかったようだ。 業務で電話中、通話相手の通信状況が悪いらしく実際の自分の声より少し遅れていた。 そのせいで聞こえる甘ったるい女の声というか自分の声を聞いて、自分でも驚いた。 声が、 …

「々」の字を変換で出すには? ところで何て読むの?

々 なんと読むのだろう。 みなさんはこれを単独で入力するのに困った経験はないだろうか。 鈴木奈々の「々」。 堂々の「々」。 生々しいの「々」。 つい数年前まで、これの出し方が分からずいちいち「奈々」などと無駄な変換をして余計な字を消すという作業…

洗濯かごにカビが生えた件

どうよ。 しばらく風邪をひいていたもので、洗濯物を洗濯カゴ内に放置してた。 そしたら、私の大事な洗濯かごが湿気にやられてカビテシマッタ。 近々引越しするかもしれないので(ずっと言っているが転居先決まらず。。orz)折りたためる洗濯カゴか欲しいと…

おばさんにいらついた話

先日、私の地方ではいちばん都会的な街に出かけた。 それはそれはすごい人だ。 所用があり市バスにのることになったのだが、そこにいたおばさんのずうずうしさには参った。 人が多いため2列でバスを待つのだが、私は2列のうち1番目に並んでいた。ばたとえば…

ただ自分のためだけに誤解を解きたい

誰しも誤解すること、されることはあるだろう。 今回は、私が小さい頃に誤解されて、おそらく今も誤解されたままになっている事についての日記である。小学生、低学年だった頃。 夏休みにばあちゃんちに泊まりに行った。そこまではよくある話である。夜にな…

その格好で仕事してるの?

書くこともないので何年か前の話を記事にしよう。 当時彼氏がいなかった私のために友人が合コンを開いてくれた。 そこにやってきた一人の男性の話である。 近くの集合場所で集まり、そこから男女全員そろってからお店へ向かった。 一人の黒コートの男性。な…

「彼氏が旅行に行こうって、、、」

休日のカフェで会話するハタチそこそこの女性達。 何このときめきーー!!!もっと聞かせろww (盗み聞きはやめましょう) こういう話は私の周りではもう聞かなくなった。というのも私の年齢のせいだろう。35ほどになると、落ちつくべく人は落ちつき、未婚…

人前で目を閉じるのに抵抗を感じていたあの頃の話

私は小さい頃、決して公衆の面前で目を閉じることはしなかった。 目を閉じている人間はとても弱い存在となってしまう、そう思っていたからだ。 電車に乗せられたときもよほど疲れていない限り眠ることはなかった。 何だかとても用心深い子どもであったようだ…

引越し先を考える

この部屋に住み始めてから、少しだけど給料も上がって、それなりに年もとって、もっといい部屋に住みたいなんて気持ちが湧いてきた。 とはいえ、家賃として払えるお金は知れている。 私が住む地方都市では、都会と比べれば給料がだいぶ低い。 まあ家賃も安め…

昨日みた夢

舞台はトイレ。 私の夢にはトイレがよく登場する。めちゃくちゃ個室数が多いトイレや、個室は個室だが仕切りが通常の半分ほどの高さしかないオープンなトイレなどさまざまなものが出てくる。 ただ今回はごく普通のありふれたトイレだ。 私は奥から2つめのト…

デート中の仕事の話

カレが仕事に誇りをもってやってるんだな~と感じるような話なら聞いてもいい。 けれど、この男の話は違った。 「オレ、何でこんなにミスばっかりしちゃうんだろ」 「気をつけてはいるんだけど。。。」 うわっ これはないな。 付き合う前のデートでこれはな…

爪を切らないカレシ

正確には爪は切るけど鋭利な状態で放置している彼氏がいた。 デート前に爪を切ってこられた日には、それはそれは嫌だった。 彼は、私に会うことが分かっていたにもかかわらずやすりをかけて来なかった。 そのため手をつなぐだけでも痛い。 もちろん、その後…

友人の結婚式での失敗

友人の結婚式に参加したときの写真を見返していたのだが、写っていた自分の着ている服を見てショックを受けた。 私の着てた服はベージュだったはず。 なのだが、写真に写ったパーティ用のワンピはやや白っぽく見えた。 白って、、、おい、花嫁の衣装が白だか…

この部屋を引っ越そうかと思っている件

原因のひとつが狭さである。 狭いというのはときに快適で、掃除する範囲が狭くて済むので気に入っていた。 しかし、今回、少し広い、、、というかまともな部屋に引っ越したいと考えている。 狭いとニオイや音がこもるので、狭い部屋への引越しを考えている人…