3畳一間からこんにちは

4畳半(業者に聞いたら3畳ではなかった!)在住、性格はどちらかと言えば悪い方、30代女性。のブログ

休日ランチにて自分がクソオンナだと気付く

今日は友達とランチに行ってきた。女友達とふたりでランチ。

実のところ、

女性と食事をするとお金がかかるから嫌だと思ってしまう。

昔はそんなこと思わなかったのに。

 

ここ数年、男性と食事をする場合はほぼ出してもらっている。

歳の近いただの友達であっても食べる量が多いので割り勘なんてことはない。

彼氏であっても、こちらも「出すよ~」と気は遣いつつも、結局多めに出してくれる。

つまり、男性と食事をするとお得感が得られるのである。

 

一方、女友達と食事に行ってもお得感はゼロ。

自分で食べたものだからお金を払うのは当たり前なんだけど、とくに得られるものもないなんて思ってしまう自分がいる。

私ってほんとくずだなw

 

 

そして女友達の肌の具合(特に皺)をチェックしたり、洋服や持ち物を自分と比べたりしている自分がいる。

自分の方が勝っていると思えると「よしっ」と心の中でガッツポーズをし、負けていると思うと悔しくて「でも○○の部分では私が勝ってる」などとつまらない負け惜しみを心の中でつぶやく。

 

今回会った女友達は、前回会ったときより明らかに痩せていて、何と言うかあからさまに歳をとった感じがした。

申し訳ないけれど、彼女みたいに老けて見られたくないと思ってしまった。正直、自分はあんなに痩せていなくてよかったとほっとした。

私達は本当に歳をとってるわけだし、年老いて見えるのも仕方ないことなのだけど。

 

女ってすぐ自分と他人を比べたがるっていうけど、本当だと思う。

私も無意識にしてしまう。

でも、本当はしたくないな。心がきれいな子ども時代に戻りたいよ。

たぶん私は性格が悪い部類のクソ女なんだと思う。